中小企業診断士1次試験|難易度・合格率

難易度
合格率
科目の紹介 科目免除 独学と予備校 勉強方法 私の診断士試験

ここでは、中小企業診断士の1次試験の難易度や合格率についてお話をします。なお、この記事にあるグラフデータは全て下記のサイトデータに基づいています。

中小企業診断士試験|中小企業診断協会HP

– 目次 –

  1. 難易度
  2. 合格基準
  3. 合格率の推移
  4. 職業と合格率
  5. 学習戦略

1次試験の難易度

超難 激難 やや難 普通

中小企業診断士の1次試験は、2日間に渡り、全7科目により試験が行われます。

この1次試験の難易度は、各科目についての学習経験の有無、年齢、職業、保有ライセンスなどにより異なりますが、おおざっぱに言って、学生にとっては、社会人経験がある程度ある人にとってはやや難~難くらいのレベルでしょう。(理由は下記)

試験科目 7科目と多い
試験実施回数 年に1度きり
合格率 20%前後とそこそこ高い
出題形式 マークシート形式かつ純粋な4択or5択
科目免除 色々な国家資格による科目免除がある

1つ1つの科目の難易度は、簿記2級程度又はそれ以下のレベルだと思いますが、範囲が広く、7科目と多いので、合格者予備軍に入るのが大変です。

一方、試験の形式が純粋な4択又は5択のマークシート形式のため、あいまいな知識であっても正答を絞り込むことができ、完成度が低くても合格できる試験でもあります。

実際に毎年、無勉勉強だったのに合格をした、なんて人がチラホラ出ます。他の高難易度試験ではそういった人は皆無です。

1次試験の合格基準

中小企業診断士の1次試験の合格基準は、①7科目の総得点が60%以上(総得点基準)、かつ、②得点が40%に満たない科目がない(最低ライン基準)、の2要件を満たすことです。

総得点基準で落ちる人が多いですが、総得点基準で合格をしているのに、最低ライン基準で落ちる、という人も結構います。

科目免除の取り扱い

他の国家資格保有者(弁護士や税理士など)、前年又は前々年の「科目合格者」については、受験時に免除申請を行うと、その科目の受験を免除されます。

この場合、免除された科目については60点の得点をしたものとして、総得点基準の判定を行います。

科目合格

1次試験では1次試験の合否判定に加え、科目合格者の判定も行われます

具体的には、1次試験が不合格だった人に対して科目合格の判定が行われ、60%以上の得点をした科目を「一部合格科目」として取り扱います。

この一部合格科目については、翌年及び翌々年の1次試験において「科目免除」の申請をすることができるようになります。

合格の効果 – 翌年への繰り越し

1次試験に合格をすると、翌年の1次試験が免除され、いきなり2次試験から受験をすることができます。

合格率の推移

1. 全科目合格者の合格率の推移

受験者・合格者・合格率の推移

1次試験の全科目合格者直近10年間の合格率の推移は次の通りです。

直近10年間の平均合格率は約22%であり、ここ数年は合格率が上昇傾向にあります。

なお、合格率が高い年の翌年は、合格率が下がる傾向があるため、2020年は合格率が大きく下がる可能性があります。

年齢別の合格率の推移

中小企業診断士の1次試験は、年齢によって合格率に結構な差があり、30代~50代の合格率が高く、10代70代の合格率が低い傾向にあります。つまり、現役の社会人の合格率が高くなっている、ということです。

他の国家資格では若い人ほど合格率が高い傾向にありますが、こと診断士の1次試験については、10代~20代若い人の合格率が低い、というのが特徴です。

2. 科目合格者の合格率の推移

全科目

経済学・経済政策

財務・会計

企業経営理論

運営管理

経営法務

経営情報システム

中小企業経営・中小企業政策

経営法務企業経営理論及び中小企業経営・中小企業政策の3科目は、基本的に毎年合格率が低い科目です。このうち「経営法務」の合格率は低く、ここ5年ほどの間は科目合格率が15%を超える年がありません。

一方、経済学・経済政策財務・会計経営情報システム及び運営管理の4科目は、年度によって差はありますが、比較的合格率の高い科目となっています。

職業(勤務先)と合格率との関係

診断士の1次試験は、職能や実務経験が活きやすい資格のため、職業によって合格率に差が出ています。特に職務経験の無い「学生」は診断士1次試験は厳しい結果となっています。

● ベスト5

過去5年間の1次試験における合格率が高い勤務先ベスト5は次の通りです。

  1. 政府系金融機関勤務20.3%
  2. 税理士・公認会計士等の自営業者20.0%
  3. 公務員18.4%
  4. 民間企業勤務-16.7%
  5. 独立行政法人等勤務-15.9%

ベスト5に入る職業の傾向としては、過去に何らかの資格試験を経験している人が多いようです。

特に「財務・会計」に強い政府系金融機関に勤務している人税理士・公認会計士の合格率が高いことから、財務・会計の実力が1次試験突破のカギになると言えるでしょう。

● ワースト5

一方、過去5年間の1次試験における合格率が低い勤務先ベスト5は次の通りです。

  1. 学生9.1%
  2. 中小企業支援機関9.3%
  3. 経営コンサルタント-自営業12.1%
  4. 経営コンサルタント-事務所等-13.3%
  5. その他(無職を含む)13.8%

社会人経験の無い「学生」は社会人と比べて知識が少ないため、合格率が低いようです。

また、学生に次いで合格率が低いのが「中小企業支援機関」と「経営コンサルタント」という笑えない結果になっています。

学習戦略

1次試験の攻略の「カギ」はずばり次の2点です。

  • 得意科目で点数を伸ばし、総得点基準を突破する
  • 不得意科目で大きく落とさず、最低ライン基準を死守する

なお「得意科目」又は「足切り科目」となりやすい科目は、概ね次のようにカテゴライズされます。

得意科目となりやすい科目

  • 社会人経験がある人 → 運営管理
  • 簿記1級以上の知識がある人 → 財務・会計
  • 情報処理技術者試験の資格保持者 → 経営情報システム
  • MBA取得者 → 企業経営理論
  • 経済学部出身者 → 経済学・経済政策

足切り科目となりやすい科目

  • 経営法務 → 毎年難しい
  • 企業経営理論 → だいたい毎年難しい
  • 中小企業政策 → ここまで手が回らない人が多い

最後に

中小企業診断士試験はの終合格率は見かけ上、約5%と低いですが、それほどの難易度ではありません。

なぜかと言えば、その中身を分解すると、1次試験の合格率が20%前後、2次試験の合格率が20%超と、他の独占業務のある国家資格の試験と比らべて、合格率が高いためです。

ところが、そんな中小企業診断士は近年ではAIに代替されにくい資格・職業として脚光を浴びています。独占業務は無いものの、収入が比較的安定をしていて、高収入も期待でき、かつ、独立もできる夢のような資格です。(もちろん、誰でも簡単に高収入が手に入るわけではありません。)

私も長い間資格業界に身を置き、色々な国家資格を取得し、また、周りにもたくさんの国家資格者がいますが、中小企業診断士のコストパフォーマンスは、明らかに群を抜いています(むしろ、なぜこの資格に今まで見向きもしなかったのか?と思うほどです。)

もちろん、今後も資格取得者が増えるでしょうし、一方で、少子高齢化により中小企業の数が減るでしょうから、中小企業診断士の仕事も他の侍業と同じく、長期的には徐々に減っていくと思います。

しかしながら、差別化をすることが難しい他の士業と比べると「人による差別化」が可能な業務・業界だと思いますので、経営力、企画力、分析力、コミュニケーション能力などのスキルの高い人は、まだまだ成功する業界ではないかと思います。

難易度
合格率
科目の紹介 科目免除 独学と予備校 勉強方法 私の診断士試験