社労士の勉強方法と予備校

資格と試験 予備校と独学 難易度と合格率 年収と給与 仕事内容と魅力

ここでは、社労士試験の勉強についてご紹介します。

目次

勉強スタイル

独学・予備校・通信

社労士の勉強スタイルの選択肢には、

  1. 独学
  2. 通信教育
  3. 予備校

の3つの選択肢があります。それぞれに長所・短所がありますが、基本的にはどれでも合格は可能ではあります。ご自分の置かれている状況や資金的余裕などを考慮して決めると良いと思います。

なお、それぞれの勉強スタイルの特徴を簡単にまとめたものが下記になりますので、どれにしようか迷っている方は参考にしてください。

比較項目 独学 通信教育 予備校
費用 ×
合格可能性 ×
勉強時間 ×
モチベーション ×

独学の場合

1.メリット

独学の最大のメリットは費用が抑えられるということです。

他には「自分のペースで勉強ができる」や「参考書・問題集を自由に選べる」「講義時間がもったいない」など色々あると思いますが、それは本質的な理由ではないでしょう。なぜなら、独学が予備校より高くつくなら、ほぼすべての人は独学を選ばないでしょうから。

では、どの位値段が安くなるのか?と言うと、予備校が10万円前後の受講料がかかるのに対し、独学の場合は参考書や問題集をたくさん購入しても、1万円から2万円で済みます

たった1つのメリットだとしても「費用が安く済む」というのは素晴らしいメリットだと思います。

2.デメリット

では、独学の場合のデメリットには何があるでしょうか?代表的なものに次のものがあります。

  • 予備校と比べるとモチベーションが維持し辛い
  • 自分で全て理解しなければならない
  • 重要なところが分からない
  • 誰にも質問できない
  • 試験についての情報が少ない
  • 自分で勉強をする習慣の無い人は続かない

個人的に、独学の一番のデメリットは自分で全て理解しなければならない、だと思います。

例えば、「雇用保険法」や「労働基準法」などであれば、社会人の方はとても身近にある内容で、内容自体も簡単のため、スイスイ進むと思いますが、年金法(国民年金法・厚生年金保険法)などは、初学者の人にとってはかなり分かり辛い科目のため、途中で何度も止まります。

止まる回数が多くなればなるほど、人はモチベーションを落とし、結果として勉強を辞めてしまうことに繋がります。

3.独学に向いている人

独学に向いている人の特徴としては下記のものがあります。

  • 日ごろから自分で勉強をする習慣がある
  • 過去に独学で難関試験に合格したことがある
  • 既に1度予備校で講座を受講したことがある
  • 分からないことを自分で調べることができる

もし1つでも該当するものがあれば「独学」の選択肢を考えてみましょう。逆にお金を抑えたいという理由だけで独学を選択するのはやめましょう。

4.独学の場合の勉強方法

社労士の独学の勉強方法

独学の場合の勉強方法のメインは「問題集」または「過去問」になります。(例えば下記のものを購入します。)

基本書 参考書 問題集 予想問題集

ただし、初学者の人がいきなり問題を解いてもさっぱり分からないと思いますし、調べながら解くことも「教科書のどこに何が書いてあるのかが分からない」ため非効率です。したがって、まずは教科書を読みます。(ざっくりと)

そして、教科書を読み終えたら(どこに何が書いてあるか分かったら)問題集を解き初めます。

教科書⇒問題集への移行のタイミング

教科書⇒問題集の流れは「税法単位(または科目単位)」でした方が良いです。

教科書を全て読破するのは非常に骨が折れますし、途中挫折する原因になります。教科書⇒問題集と移行するタイミングを早めることでモチベーションの維持をしましょう。

この作業を1単元したら、次は「学習スケジュール」を作成します。(これがとてつもなく重要です。)

独学は誰も「勉強をしろ!」と言いませんし、「いついつまでにこれができるようになろう!」とも言ってくれません。独学の場合は、学習スケジュールを自分で調整することになります。

学習スケジュールはどのように立てるのか?というと、初めは下記のようなおおざっぱなスケジュールを立てます。

科目 教科書 問題集1週目
労働基準法 ○月△日まで ○月△日まで
労働安全衛生法 ○月△日まで ○月△日まで
労働者災害補償保険法 ○月△日まで ○月△日まで
雇用保険法 ○月△日まで ○月△日まで
労働保険の保険料の徴収等に関する法律 ○月△日まで ○月△日まで
労務管理その他の労働に関する一般常識 ○月△日まで ○月△日まで
社会保険に関する一般常識 ○月△日まで ○月△日まで
健康保険法 ○月△日まで ○月△日まで
厚生年金保険法 ○月△日まで ○月△日まで
国民年金法 ○月△日まで ○月△日まで

これを1ヶ月経つごとに微調整をしていきます。(勉強が進まないと分からないことが多いためです。)

2. 通信講座 ⇒ 10万円前後

通信講座・予備校の場合は、受験費用とは別にだいたい7万円~10万円の受講料がかかります。

通信講座や予備校の実績、知名度、講座の内容により値段が大きく異なりますが、一般的に値段が高いほどサポートが手厚いです。

通信講座・予備校が向いている人
  • お金に余裕のある人
  • 自分で勉強する習慣のない人
  • 税務や保険、税務などの基礎知識が全くない人

2. 通信講座 ⇒ 10万円前後

通信講座・予備校の場合は、受験費用とは別にだいたい7万円~10万円の受講料がかかります。

通信講座や予備校の実績、知名度、講座の内容により値段が大きく異なりますが、一般的に値段が高いほどサポートが手厚いです。

通信講座・予備校が向いている人
  • お金に余裕のある人
  • 自分で勉強する習慣のない人
  • 税務や保険、税務などの基礎知識が全くない人

さいごに

資格と試験 予備校と独学 難易度と合格率 年収と給与 仕事内容と魅力